ごあいさつ

穏やかな日常生活を願って

向陽会会長 背尾 直彦

(全日制26回卒)

向陽会会員の皆様におかれましては、日々ご健勝にお過ごしのことと、心よりお慶び申し上げます。

平素は向陽会運営に対しまして、多大なご理解並びにご支援を頂き、厚く御礼申し上げます。

新型コロナウイルスによる感染症も一段落して安心していた矢先に、昨年来よりオミクロン株による第6波が到来し、連日連夜その報道が続いています。

しかし、過年のコロナ危機とは違い、今はワクチン接種も進み、経口薬も開発され、病床も全くひっ迫していません。

経済活動・教育活動・会合・飲食・旅行を制限、萎縮させるような過剰報道で社会全般にブレーキをかけすぎるのもどうかと思います。

オミクロン株が風邪よりも軽い症状80%、無症状20%と実証された今、『マスク・手洗い・大きな密回避の原則』を守れば問題ないと早く宣言して欲しいと考えています。

母校向陽高校は数年前からのコロナ禍でも進学実績・部活動で全国レベルの実績を毎年築き、卒業生のひとりとして大変嬉しく思います。

この原稿を書いているのは共通テストが行われている日ですが、一刻も早くコロナが収束し、穏やかな日常生活が戻ってくる日を願うばかりです。

向陽会はまもなく迎える75周年に向け、さらに活動に努めて参りたいも考えております。

今後とも向陽会活動にご理解賜りますと共に変わらぬご協力の程をお願い申し上げ挨拶といたします。